コネクタの故障モード

 コネクタを間違った使い方で使用した場合.故障する可能性があります.コネクタには大きく2種類の壊れ方が有ります.

 

■導通不良
 本来導通すべき接点の抵抗値が極端に大きくなる(1kΩ→1MΩ等)故障です.接点の酸化や繰り返し挿抜によるピンの変形・挿抜時にコネクタ自体が剥がれてしまった場合などにこのような現象が起こります.

 

■ショート故障
 隣接するピンと物理的に接触してしまい,抵抗値が極端に小さくなる(1MΩ→0.1Ω)故障です.挿抜時にコネクタ自体を剥がしてしまい接触したり,ウィスカや異物によりショートする場合などにこのような現象が起こります.
ニシハラ理工_ウィスカとは
maxim_錫ウィスカ,その実在と複雑さ

トップページへ戻る


メルマガ登録


Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加  


問い合わせメールフォーム


関連ページ

コネクタの基本
駆け出しの電子回路設計者のためのポータルサイト
コネクタの注意事項
駆け出しの電子回路設計者のためのポータルサイト
コネクタの互換性
駆け出しの電子回路設計者のためのポータルサイト
コネクタのインピーダンス整合
駆け出しの電子回路設計者のためのポータルサイト