"バカに教える電子回路"サポートページ

このページは電子書籍"バカに教える電子回路"のサポートページです.
書籍に関する指摘・疑問点・誤り等は下記メールフォームよりお願いします.

 

問い合わせメールフォーム

 

お問い合わせいただいた内容はQ&Aとして本ページにまとめる予定です.
本書の範疇から外れる内容については,別途「ひよっこハード屋.com」にまとめる予定です.

■Q&A

 

 

■改版履歴
第2版(2016年1月1日)
・Lの逆起電力の図がGNDに収束しているため10Vに収束するように修正
・オペアンプの反転増幅回路の図の入出力が反転していないため反転するように修正
・ブザーの解説に自励振・他励振と圧電・電磁の区分けを追加
・CRローパスフィルタの出力をマイコンのAD入力に入れる表現を,抽象的な後段回路に変更
・FETの使用例にオープンドレインを追加
・ご指摘いただいた,わかりにくい/誤解を生む/間違った表現を一部修正

 

第1版(2015年12月8日)
・初版

 

■指摘事項

 

"公開名”様(amazonレビュー)
気になるのは、マイコンのADCの前段にRCやCRのフィルターを勧めてるところ。同じ本にH8の内部回路が出てるが、マイコンは外部電圧を内部の小さいコンデンサに充電してそれを計測している。外部に抵抗やコンデンサがあると、ここの充電速度に影響与えるので、できるだけ外部部品を外した方がいい。

 

→ご指摘・レビューありがとうございます.
マイコンのADCは複数のチャネルを中のサンプルアンドホールド回路にマルチプレクサで順次切り替えて使用するため,1つ前に読んだチャネルがGNDに近い場合,電荷が抜けたサンプルアンドホールドのコンデンサに電荷が急激にチャージされるため,外部にコンデンサが全く無いと,前のチャンネルに電圧が少し引っ張られてズレてしまいます.オペアンプを入れても,その急峻なチャージに追従できるほどの高速アンプは中々使えないため,低速ADでなければアンプが入ってもCは必要になります.Rが大きいと追従性が落ちるのはそのとおりだと思いますが,カットオフ周波数以上の周波数には追従する必要が無いためRCローパスフィルタについては問題ないと思います.ただ,その観点から,CRハイパスフィルタをそのままADに入れているのは完全に悪手でした.修正します.
参考リンク
高精度SAR A/Dコンバータのフロントエンド・アンプとRCフィルタの設計
TI_ADCインターフェイス・アプリケーション用RLCフィルタの設計

 

※もう少し議論が必要であればご連絡をお願いします.他の方からの横槍も歓迎です.
問い合わせメールフォーム

 

 

 

 

■書籍情報
タイトル:バカに教える電子回路
著者:津田圭佑
ASIN:B0193M34D0
発売日:2015/12/08
価格:\1,250

■内容
 勉強嫌い・経験ゼロから電子回路設計の仕事をすることになり,10年近く現場で経験を積んできた著者が,入社時にこんな本があれば効率よく電子回路の勉強ができたのに...という本を目指して執筆しました.
 プロとして電子回路設計をするのに最低限必要であろう設計知識と,自分で勉強が進められるようになるガイドを記載しています.

 

本書は以下の読者を想定しています.
・電子回路に関わる仕事をしたい学生
・電子回路に関わる仕事をすることになったけど何も分からない新入社員
・ハードウェアを効率よくキャッチアップしたい他分野の人

■その他
本書にまとめきれなかった記事は以下のページにて公開しています.
お時間があれば御覧ください.

 

ひよっこハード屋.com

 

トップページへ戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加